やっと見つけたタダリフト|ジェネリックだけどシアリスと並ぶED薬

▶多くも特徴を持つED治療薬

シアリスとは、同系統の医薬品と比較してもその作用時間が非常に長く、長時間作用型のED治療薬となり、これ以外にも多くの特徴を持つ新しい選択肢の一つとして国内では2007年から医療機関のみが取扱える医薬品として処方が始まり、国際的には2002年から既に処方が始まっており現在ではシアリスを承認している国は100以上とされ、ED罹患者の内服状況が最も多く1000万人以上が症状の改善の為に内服しているとされ、一時はED治療薬市場の約四割を占めている高いシェア率を誇っているものとなります。
シアリスには、国内含め承認している国全てで未承認とされるシアリスジェネリックとなるタダリフトが有り、成分同一でタダラフィルを20mg含有する錠剤となりますが、先発薬が特許の期間を継続している事から正確に表現するのであればタダリフトはシアリスジェネリックではなくコピー製剤という表現が正しく、非合法的にも思えますが印度が国際特許に加盟していなかった事や法律が他とは異なるので特許の期間に関わり無く同一成分で製造する事ができ、今の所、異なる作用や副作用の報告は無く安全に使用出来る様で、日本の一錠に掛かる費用を1/10程度に抑える事が出来るのでシアリスジェネリックに切り替える傾向にあるとされます。
成分タダラフィルの性質はまず水に溶けにくいという事が挙げられ、投薬してから成分が血管に透過する迄にその日の体調や個人によっても大きく異なるとされ、投薬から一から四時間という時間の開きを持ち、効き始めの時間に大きな誤差がある事は弱点の様にも思えますが、効き始めが遅い事で急な血管の拡張が起こらないので特異とされる副作用症状の発現を低減する事ができ、溶けにくい分、長時間体内に留まる事が出来るので最初に記載した長時間の作用を可能にしており、投薬した日の翌日まで効き目を持続させる事が出来ると言われています。
これらの特徴はタダリフトにも同様の事が言え、他にもED治療薬最大の欠点でもあった食事摂取により効き目を不安定にする事も改善されており、一定のCal摂取であれば効き目は安定し勃起状態発現の効果が現れない事は無いとされており、本剤はED治療薬が抱える多くの問題を改善して画期的な医薬品とされています。